ワインをもっと身近に!初めて味わう人が把握しておきたい特徴や基本情報を分かりやすく紹介します

このサイトではワインとはあまり縁がない生活を送っている方を想定して、色々な視点からの基本となる知識を幅広く紹介しています。
お酒として単体での味わいや風味が魅力的なのはもちろん、色々な料理とのマリアージュを楽しめるのも魅力のひとつ。
それぞれの種類に応じて、相性のよいメニューや選び方などのポイントも触れています。
初心者にとって困るのは、スクリューキャップが硬くて開封できないというものです。
こんなときの解決法も紹介しました。

ワインをもっと身近に!初めて味わう人が把握しておきたい特徴や基本情報を分かりやすく紹介します

世界各国で色々なワインが生産されていますが、味わいや風味に影響を与える要素として、原材料となるぶどう生産地の気候風土が重要と認識されています。
基本的にぶどうの糖度と熟成具合に比例して酸味と風味が濃厚になる傾向があります。
ワインの代表的な生産地のドイツとイタリアを比べてみます。
ドイツは緯度が高く寒冷な気候であるため、ブドウの糖度は低く、風味も軽くなります。
これに引き換え温暖なイタリアでは糖度も高く風味も濃厚で、それらの持ち味がワインにも反映されるわけです。

初心者は飲みやすいワインから挑戦するのがおすすめ

普段お酒を飲む機会がない方などは、どんなワインなら初心者でも挑戦しやすいのか知りたいという声は多いです。
ワインには甘口から辛口、赤や白、ロゼなど色々な種類がありますが、ワイン初心者にはまずは酸味や渋みが少ない、飲みやすいタイプから挑戦してみて自分の好みを探していく方法がおすすめです。
現在世界には多くの生産地がありますが、その中でも特に有名なのがフランスやイタリア、スペインやドイツなどのヨーロッパであり、その中でもフランス産のブルゴーニュ地方で作られたお酒は、繊細な味わいで日本人向きの優しい味わいとなっています。
ボルドー地方は渋みや強く、重厚な味の赤が有名なのでまずはブルゴーニュ地方から挑戦してみると良いでしょう。
イタリア産はブドウの固有品種が多く、飲みやすくあっさりとした味わいのお酒が多いですし、ドイツ産はアルコール度数が低く慣れていない人におすすめという特徴を持ちます。
また日本国内で醸造されている日本ワインは、和食に合う繊細で上品な香りが特徴なので日本人向きといえます。

フランスワインのセカンドラベルとは?

インに馴染みのない方にとっては、フランスワインのセカンドラベルとはどういったものか知らないという方は少なくありません。
このセカンドラベルとは、シャトーが所有する畑のブドウから醸されたワインのうち、ブレンドを意味するアッサンブラージュの際にシャトーの厳しい選別に達しなかったワインを更に選別し作られており、主に樹齢の若いブドウから醸造されたものが選ばれています。
選別をかけられたラベルというと、通常のワインよりも品質が下とイメージされがちですが、栽培から醸造までシャトーものと同じく手間暇をかけて丁寧に作られています。
この基準も非常に厳しくなっており、基準に達していない場合は排除されます。
樹齢が若いことでお酒の熟成が比較的早く進みやすいですが、価格が通常の商品と比べてお手頃価格で購入できるようになってるので、最近では手軽に高品質なお酒が楽しめるとして注目度が高まっています。
初めて購入する場合には、口コミ評価を参考にして買いやすいタイプを飲み比べしてみることもおすすめです。

ワインの産地は大きく旧世界と新世界に分けられる

世界中でワインは生産されており、それぞれのご当地で色々な銘柄が製造されています。
歴史をさかのぼると地中海沿岸のヨーロッパ、とりわけギリシャやイタリアなどの南欧が原料となるブドウの供給源と認識されてきました。
その後はドイツやフランスなどヨーロッパ全域に伝播していきますが、その後の大航海時代をはさんで欧州列強は中南米で植民地を拡大していくことになりました。
ワインも列強の世界進出と軌を一にして伝播していくことになります。
そこで南米などでもブドウ栽培が開始され、広大なプランテーション農園でブドウ栽培も盛んになりました。
原料を確保できればワイン製造も同様に盛んになるのは自然の流れで、現在にあってはチリやアルゼンチンなどの南米各国を産地とる銘柄も数多く登場し、世界中で愛されています。
欧米列強の世界進出を時間軸として、それ以前の欧州などを旧世界、南米などの新規の産地を新世界で、分類することもできるわけです。

ワイン生産の歴史が比較的新しい産地のことを新世界と呼ぶ

新世界とは、ワイン作りの歴史が新しい産地のことです。
代表的な産地としてはチリやアメリカ、日本などが挙げられます。
対してフランスやイタリアなどの伝統的な産地は旧世界と呼ばれます。
新世界のワインは伝統にとらわれず、多様なブドウの品種や製法も用いて作られており、個性的なものが生産されているのが特徴です。
価格が比較的安いという傾向も見られます。
新世界の中でもチリ産は、2015年に国別の輸入量が1位になるなど国内でも人気が高いです。
チリは16世紀からブドウの栽培が始まるなど、新世界の中では古くから生産されていた国であり、果実の味わいがしっかりと感じられる特徴があります。
日本でワインの生産が始まったのは1870年代のことです。
比較的歴史が浅いですが、2010年に甲州がワインの審査機関であるOIVに登録されるなど、海外でも評価が得られています。
繊細な味わいが特徴で、飲み慣れていない方でも飲みやすくなっています。

に関する情報サイト
ワインの基本となる知識

このサイトではワインとはあまり縁がない生活を送っている方を想定して、色々な視点からの基本となる知識を幅広く紹介しています。お酒として単体での味わいや風味が魅力的なのはもちろん、色々な料理とのマリアージュを楽しめるのも魅力のひとつ。それぞれの種類に応じて、相性のよいメニューや選び方などのポイントも触れています。初心者にとって困るのは、スクリューキャップが硬くて開封できないというものです。こんなときの解決法も紹介しました。

Search